薬なら必ずある副作用と回避の方法

副作用と回避方法

薬を飲むと効果が得られますがその反面、副作用が出てしまうもの。
できれば副作用はなく、効果だけを得たいですよね。
しかし、今現在、副作用のない薬は存在しません。薬にはかならず副作用があらわれるもの。

ならばあきらめるべきかというとそうではありません。
工夫次第では副作用を軽減したり、回避したりすることができます
カマグラゴールドの副作用とその回避の方法を見ていきましょう。

カマグラの副作用

カマグラの副作用

1%以上 ほてり、潮紅、頭痛
0.1~1%未満 動悸、めまい、消化不良、鼻炎、筋肉痛、視覚障害 など
0.1%未満 不整脈、不眠症、胃炎、射精障害、鼻閉、味覚異常 など
頻度不明 低血圧、持続勃起、鼻出血、突発性難聴、感染症 など

カマグラの副作用で多く報告されているのがほてりや潮紅、頭痛です。
臨床試験において血管拡張(ほてり・潮紅)は約10~15%、頭痛は約10~13%の副作用のあらわれが認められました。
ほてりや潮紅、頭痛の症状はよく見られるものであるため、出るものだと思っておきましょう。

副作用の回避方法

副作用の回避方法

カマグラを服用するとほてりや潮紅、頭痛といった副作用が出ます。
これらの副作用は人によって症状の重さが違ってきます。
症状が軽い人は問題ないのですが、性行為どころじゃないほど症状が重い人は、次の回避・改善法をためしてみましょう。

食事をするべし

食事をする

副作用が強い場合や気になる場合は、食事をしてから服用するようにしましょう。
カマグラは食事の影響を受けるため、基本的には空腹時での服用になります。
ですが、副作用を軽減するにはカマグラの性質を利用するのも1つの手です。
食事をすることで胃に膜をはり、薬の吸収を抑えることで効果が減り、それに比例して副作用も減少させます。
この時注意しなければならないことは、あっさりとした食事をするということ。
油分が多すぎる食事をしてしまうと、膜は厚いものとなってしまい、吸収できる量が少なくなってしまって効果が得られなくなってしまいます。

服用量を減らすべし

服用量を減らす

副作用が強いということは、効果も強いということ。効果と副作用は、効果が強ければ副作用も強くなり、効果が少なければ副作用も少ないといったように比例関係にあります。
そのため、薬の量を減らすことが副作用を軽減することにつながります。
薬の量を減らすことで薬の吸収量が減り効果が減って、その分副作用も減少するのです。

頭痛薬を併用するべし

頭痛薬を服用

頭痛薬などの副作用にあった薬を併用することも副作用軽減には役立ちます。
その時に注意しなければいけないことは2つ。
1つ目は頭痛薬などがカマグラと併用していいものなのかを確認しましょう。薬によってはその効果のために併用してしまうとカマグラの効果を得られなかったりしてしまいます。
2つ目は薬を飲むときカマグラと一緒に飲むようにしましょう。副作用の症状が出て薬を服用するのでは、副作用のもととなるカマグラの成分がすでに吸収されているため、意味がありません。